詩 イヴニング・エメラルド

わたしのなかの

男性はあなた

 

あなたのなかの

女性はわたし

 

表現されることのなかった可能性を

演じ合う

 

土に息を吹きかけて

人間をつくった神々は

 

どうしてこれほどまでに

美しく豊かな世界を

 

完璧につくりだしたのだろう

 

闇や悪の力さえ

 

その光のうちに

吸収されてしまうほどに

 

世界は光り輝いている

 

あまたの奇跡に彩られた

地上の片隅で

 

恋人たちは

めぐり逢い

 

ひとつの光からつくられた

ふたすじの光のごとく

 

世界を経験している 

 

あなたを

過不足なく理解して

 

わたしは

過不足なく愛されたい

 

闇のなかでも健気に輝く

オリーブ色の宝石をみるように

 

うっとりと

いつも感動をしている

 

あなたに

わたしは

 

力強く

たおされたい

たおしたい

声楽と合唱

2012年から声楽を学びはじめて5年経つ。

 

10年続ければそれなりに歌えるようになるというから

ちょうど半人前というところだろうか。

 

クラシックの声楽において目指すところは、

腹壁に支えられて、ムラがなく安定した、

基音と倍音のバランスのとれた歌声を

習得しつつ育てることだろう。

そのためには、パッサージョ/換声点をふくめた

自分の声のフォルムを理解することが不可欠だ。

 

人の発声器官は

とてもデリケートで、どこかミステリアスでもある。

歌声は、呼気が声帯を通過し、

各共鳴腔/喉頭咽頭・口腔・鼻腔などを

効果的に用いて奏でられるが、

声帯を内部にかかえる甲状軟骨/のどぼとけは

耳の後ろあたりから左右の茎突舌骨筋と茎突咽頭筋により

なかば吊り下げられているような不安定な様相だという。

それら喉頭をサポートする首肩周辺の筋肉と、

アッポッジョ/腹壁のサポートをはじめとした

有機的な全身運動による歌唱の基盤は、

ほとんどスポーツと等しい筋運動といえるだろう。

 

身体構造や発声器官のわずかな形状の差異により、

女声ではスブレッド・コロラトゥーラから

ドラマティック・コントラルトまで、

カウンターテナーソプラニスタは別として、

男声ではテノリーノからバッソ・プロフォンドまで、

声種はいくつかのカテゴリーに分類されている。

ひとりとして同じ歌声はないけれど、

おおよそ説得力のあるカテゴリーに

自分の声を照らし合わせてみる。

 

私の発声器官は

女声としては比較的大きく、おそらく声帯も長い。

そのため音域は広く、しっかりした声ともいえるが、

軽やかさや機敏に欠けるともいえる。

音域は今のところH2~H5だけれど、

自由につかえる音は限定されるので、

声種は、コントラルトとはいかないが、

おそらくメッゾ・ソプラノだろうと認識している。

声が重いほど育てるのに時間がかかるというが、

その成長・成熟具合もまた一様ではないようだ。

 

声楽を学びながら歌声を育てるなかで、

混声や同声の合唱に参加している。

色とりどりの各人各様の声に出会うことや、

楽しみながら勉強できることが、なによりうれしい。

 

大きな課題である声区融合についても、

他者の歌声から学ぶことは多い。

ふつう2つあるパッサージョ/換声点は、

私の場合、E4とE5あたりにある。

だいぶ滑らかに歌えるようになったとはいえ、

前後の音の関係や母音によっては、ものすごく歌いにくい。

胸声・中声・頭声などを適切に用いて行われる声区融合は、

声が重くなるほど難易度も増すようで、なんとももどかしい。

また女声の中声区の高いほうと低いほうの境界にあたる

C5・H4/人によってはA4・G4あたりの融合も

ずいぶん苦労したが、頸部の支えや

腹壁のサポートの増加とともに

いつのまにか自然とクリアできたのはうれしい。

 

一方、合唱に参加するうえで戸惑うことも少なくない。

ことメッゾ・ソプラノの場合、

アルトでもソプラノでも歌える曲が多いので、

合唱団の音色や方向性に左右されやすいことも一因だろう。

 

たとえば、ある合唱団では、

アルトパートでコントラルトに近い

胸声優位の重厚な音色を奨励されたかと思えば、

別の合唱団では、

ソプラノパートでレッジェーロのような

軽く細い華奢な音色を求められたりする。

 

楽曲の性格やその表現方法を尊重するにしても、 

自分の本当の声ではない声を取り繕って歌うことほど、

非建設的で悲しく辛いことはない。

合唱の分野においては、

全体の音色やハーモニーを優先するあまり、

個人の声が歪められていると感じることがままある。

 

といって各人の声を優先するばかりで、

合唱として破綻するのもナンセンスだ。

人間関係と同じように、歌声にも相性があるので、

自分らしく建設的に歌える場所を選ぶことは

歌い手の責任でもある。

 

その際に参考のひとつになるのは、

合唱団の基音と倍音のバランスだろう。 

基音は響き合う、倍音は溶け合う、

という性質をもっていると思うが、

多勢に無勢の市民合唱団にありがちな

高い倍音過多の溶け合うハーモニーは、

透明感があってきれいともいえるけれど、

基音をしっかりと鳴らして響き合うアンサンブルとは

似て非なるものなので、

声楽のレッスンと両立させる場合には、

合唱団や指揮者の方向性を見極めることが大切だ。

 

声楽は本当に楽しい。

のどが開いてポジションが安定し、

下半身や胴体がしっかりつながって歌えるときは、

声とともに存在が解き放たれるような煌きを感じる。

課題やチャレンジはたくさんあるけれど、

自分の声を育てて伸ばし、完成させることは、

ほんとうに尊く幸せなことだと思う。

 

どこか人生の歩みと似て、

人それぞれの道を全うする喜びに溢れているのだ。

詩 さくらんぼ

ある朝

目覚めて 

 

ふと

鏡をのぞくと

 

見なれた

わたしの顔に

 

見おぼえのない

ほくろがふたつ

 

ちょいと

くっついていた

 

あら

不思議

 

いつから

あったのだろう

 

いつのまに

できたのだろう

 

毎日みて

いるはずなのに

 

あるいは

 

よくみて

いないのだろうか

 

まるで

新しい自分に

出会ったようで

 

そわそわと

ものめずらし気に

まじまじと

 

できたての

ふたつのほくろに

 

名をつけた

さくらんぼと

 

それは

とんと

 

可愛らしく 

仲睦まじく

 

わたくしのほほに 

ふたつならんで

 

実ったのです

詩 神無月

秋の深まる

神無月

 

あちこちの

いろいろな

 

神様たちは

いっせいに

 

いづもの国へ

むかいます

 

いにしえより

つづく

 

かむはかり

という

 

神様たちの寄合が

ひらかれるのです

 

人々が

一年のうちに

となえた願い事は

 

おおきくも

ちいさくも

 

美しくも

卑しくも

 

等しく

天に届きます

 

偽らざる

人々の真心を

 

それはそれは

ようくご存知ですから

 

神在月

出雲の国では

 

神様たちは

神様たちの

やり方で

 

願いを叶えて

くださるのです

 

ときに

意外なほどさりげなく

 

また

このうえなく完璧に

ぬか床つくり

先日、雨の降りしきる夕刻に、

ぬか床つくりのワークショップへ参加した。

 

近年、近所の酒屋さんの軒先でちょいと購入した

自家製のぬか漬けを食べて、はじめて

その美味しさに魅了されたことがきっかけで、

またローフードや発酵食の観点からも

さまざまな酵素を手軽に摂取できる

頼もしいナチュラルフードだと再認識したのだ。

 

ぬか漬けの起源は奈良時代にまで遡り、古来は

臼で挽いた穀物と大豆を床とした漬物であったという。

その後、江戸時代頃より米ぬかを使用するようになり、

発祥の北九州・小倉には、およそ380年も受け継がれている

由緒あるぬか床があるというから、びっくりする。

 

はじめて作るぬか床の材料は、

お米を精米したときにでる生ぬか1000gに、

水1000ml、自然塩100g、鷹の爪1本という、

きわめてシンプルなものだった。

ふかふかの自然栽培米の生ぬかに

水に塩を溶いた10%の塩水をようくなじませ、

今回は最初漬けに人参・かぶ・オクラを漬けて、

雑菌の繁殖を抑制する鷹の爪をのせ、

2週間ほど朝晩と手を入れて、適宜野菜を交換しながら、

ぬか床を整え、育ててゆくのだという。

 

ぬか床と塩水を混ぜる工程は、

白玉団子をつくるようで気楽で、

手についた生ぬかを舐めてみると、その新鮮な風味から

よい漬け床ができそうだという期待がふくらみ、わくわくした。

 

ワークショップの講師は、

「おふくろ男子」という愛称をもつ若い男性で、

みるからに美味しそうなその佇まいに場が和む。

集まった6名の受講者は、

かつてぬか床が臭い・酸っぱい・塩辛いとか、

カビが生えた・水分の調整がうまくいかないなどの

不良経験をもつ方がほとんどで、

その対処法・保存法・手入れ法などに関心が高まる。

ぬか床をよくするために入れると良いといわれることのある

辛子・山椒・昆布・にぼし・日本酒・卵の殻・にんにくなどは

使用せずに、自然栽培の土づくりにおける肥毒の喩えを用いて、

ごくシンプルにぬか床を整え育てることができるという方法論は

興味深く、理解も深まる。

「無理せずに、ほどよく手をかけて、続けてください」

というアドバイスが心強い。

 

漬ける野菜は、

大根・人参・きゅうり・かぶ・なすなどの

オーソドックスなものから、

ズッキーニ・ベビーコーン・ピーマン・アスパラガス・

長芋・ごぼう・生姜・きのこ・アボカドなどの

ユニークなものまで、あるいはほかにも、

切り方・漬け方の工夫次第で美味しく食べられるという。

季節ごとの漬物づくりがこれから楽しみだ。

 

ひととおりの作業と講義の後、

ごはんとおみおつけと漬物をいただきながら、

質問や感想をシェアしあい、講師の情熱に導かれつつ

塩や水やコーヒーにまつわるこぼれ話を楽しく拝聴した。

 

情報もお腹もいっぱいになり、

ずっしりとしたぬか床を抱えて、家路をほくほくとたどる。

すっかり夜になり、雨も降りつづいていたけれど、

3km/40分ほどの道のりをあっという間に歩く。

 

隅田川にかかる永代橋を渡るとき、

ライトアップされたスカイブルーの照明につつまれて、

ふと今ここに生きていることが

かけがえのない愛おしいことに感じられて、

心がじわじわと、発酵しているようだった。

それはたとえば、仕込んだばかりのぬか床の

ささやかな微生物たちのメッセージということにしたい。

かぼす 2017

今年も、かぼすの季節がやってきた。

 

10月初旬に大分から届いたかぼすは、

気まぐれな9月の天候のせいからだろうか、

例年と比べるといささか不揃いで、

あちこちに傷がついていたが、

ふたつに割ってみると、

いつもと変わらぬジューシーで爽やかな酸味が

部屋いっぱいにひろがり、うれしくなる。

 

さっそく輪切りにしてはちみつ漬けをつくる。

きのこと秋刀魚のパスタに回しかけて食べる。

あぁおいしい、初秋の味覚だ。

 

今年はかぼすの種で、

ローションをつくることにする。

かぼすやゆずやレモンなどの柑橘類の種には

ゲル化作用のあるペクチンが含まれているので、

水やアルコールに浸すと

とろりとした天然の保湿液になるのだ。

 

作り方はとても簡単で、

5粒ほどの種を小瓶やココット皿にいれ、

種がしっかり浸るくらいの水を注ぎ、

冷蔵庫で一晩おけば、2~3日分のローションの出来上がりだ。

洗顔後の肌にカバーすると、

しっとりさっぱりとして、ほんとうに心地よい。

なんて素朴で上質なローションだろう。

 

たとえば日本酒や焼酎でつくると

保存性が高まるので、まとめて作り置きできるという。

また、種は乾燥させたり冷凍したり、

食べるたびにちょこちょこ集めてストックできる

手軽さも気に入っている。

 

乾燥しはじめた秋の空気に、

自然からの何よりのおくりものだ。

 

 

秋の深まりとともに世間は、

10月22日の国政選挙に向けて、にわかに色めきたっている。

あちこちで選挙カーや街頭演説が、

盛んにいろいろなことをアピールしている。

その頑張りには頭が下がるけれども、

この期に本当にアピールする必要があるのは国民のほうで、

どうしてか民意が反映されているようには思えぬ政治に、

がっかりしてもいられない。

 

「誰に、どの政党に投票しますか?」と

受話器のむこうで自動音声システムが再生される。

RDD方式/無作為な電話番号作成方式というけれど、

選挙のたびに必ずかかってくる。

 

「政治はみんなが一緒に生きる道ですから、

いちばん大事な問題でー」

とは、文士・小林秀雄の後年の見解だけれど、

数学者・岡潔との対談集「人間の建設」/新潮社を再読しつつ、

誰に、どの政党に投票するかを、考えたい。

 

秋の夜長、

かぼすの皮を浮べた湯船につかりながら、

ゆっくりと。

 

 

sagacho-nikki.hatenablog.com

 

 

 

詩 いちじく

初夏の明るい

陽射しをあびた

 

青緑色の

いちじくの実をみていると

 

いにしえの

神話をみているようで

どきどきする

 

神様たちも

同じように

恋をしたのだろうか

 

秋になると

そんなことは

すっかり忘れて

 

赤紫色の

熟れた実をかじる

 

なんて甘く

美味しいのだろう

 

恋がひとつ

終わったのに