黒澤明 | 静かなる決闘 醜聞

映画監督・黒澤明/1910-1998の

比較的初期の作品「静かなる決闘」と「醜聞」を観た。

いずれも見応えのある、力強い作品だった。

 

静かなる決闘」/1949年は、

終戦間際の野戦病院での手術中に

誤って患者のスピロヘータ/梅毒に感染した、

若い医師の苦悩と救済の物語だ。

劇作家・菊田一夫の戯曲「堕胎医」を原作に、

黒澤明谷口千吉が共同で脚本を執筆した群像劇だ。

戦後間もない外科および婦人科の診療所を舞台に、

慕い合う婚約者との愛と病をめぐる医師の葛藤を軸として、

妊娠したものの交際相手に逃げられ自暴自棄になっている

元ダンサーの看護婦として母親としての成長物語、

図らずも戦地で医師にスピロヘータを感染させることとなった

やくざな元兵士との邂逅などが折り重なりつつ、

テンポよく興味深く物語が展開される。

バイタリティーに満ちたモノクロの粗い画像のなかで、

受難の医師を演じる若い三船敏郎が瑞々しく美しい。

たとえば、人を愛するということは、

その人の幸福を願うことなのだろう、そして

苦悩は時として人を聖へと導く天のギフトなのだろう。

 

「醜聞 スキャンダル」/1950年は、

画家と人気声楽家との偽スキャンダルが

確信犯である出版社との裁判にまで発展し、

一癖も二癖もある弁護士を交えて珍走する群像劇だ。

黒澤明菊島隆三による脚本が見事なうえに、

弁護士を怪演する志村喬が愉快で、

一徹な画家を演じる三船敏郎の端正な演技が清々しい。

弁護士の一人娘は結核に臥せっているが、

病という逆境により超人的に透き通った彼女の命と精神が

物語を方向づける原動力となり、感動的だ。

早坂文雄のさりげなくも効果的な音楽と相まって、

ひとつの星がきえて、ひとつの星がうまれる、

なんとも慈悲深くユニークな作品だった。

 

生涯におよそ30本の作品を世に送り出した

黒澤監督が40歳前後に手掛けた2作品だが、

人間を相対化し、

善人と悪人、気位の高い者と低い者、

成功者と落伍者などの何人にも、

奥行きを与えて絶妙に描き出す、

その大器に、ジーンと胸が熱くなる。

 

後のエンターテイメント性は影を潜めつつ、

ある種のうぶさやナイーヴさが魅力的な作品群に、

開きはじめた花が盛りへと向かうような

ときめきを感じたのだった。

山本亭と帝釈天

梅雨らしい雨曇りの日に

東京都葛飾区柴又の山本亭へ行った。

 

日本橋からおよそ14㎞東北に位置し

江戸川をはさんで千葉県と隣接する柴又は、

もっぱら山田洋二監督の映画

男はつらいよ」シリーズの舞台として有名だ。

 

京成線・柴又駅から徒歩10分ほどの

江戸川の袂/たもとに位置する山本亭は、

土地ゆかりの山本工場/カメラ部品の製造業の

創立者・山本栄之助のかつての邸宅で、

現在は葛飾区により一般公開されている書院造のお屋敷だ。

関東大震災後の大正末期に建てられ、

昭和初期に増改築されたという瓦葺の日本家屋は、

南側の庭園に面して翼を広げるように東西にのびる

細長い長方形をした端正な建物だ。

縁側のガラス戸越しに庭園をのぞむ6つの畳の間は

襖が開け放たれ、明るく広々として気持ちがよい。

家屋の倍ほどもある立派な日本庭園は、

滝の流れる音や樹々の葉擦れ、野鳥の声が重なり合って

賑やかな静けさに満ちていた。

折よく薄紫色の花菖蒲がきれいに咲いていたので、

館内の好みの場所でいただけるお抹茶とともに、

ひと時の豊かさに寛いだ。

 

12時の鐘を聴いたような、聴かぬような、 

帰り際に古時計が3つ並んでいるのを目にした。

真ん中のひとつは日本を、

左は北京を、右はウィーンの時刻を指していた。

地球が丸いこと、世界は広いことを思い起こさせ、

意識はぐぐーんと拡大する。

非公開だが別棟に茶室を設えるような、

実業とともに人文に通じていたであろう当主に好意を寄せた。

 

帝釈天/たいしゃくてんとして親しまれている

経栄山 題経寺/きょうえいざん だいきょうじは、

1629年/寛永6年に開山された日蓮宗のお寺だ。

帝釈天とはインドをルーツとする武勇神インドラの和名で、

宗祖である日蓮によって彫られたとされる

帝釈天の板本尊が伝承され、

縁日の庚申/こうしんの日に御開帳されるのだという。

総けやき造りの山門および帝釈堂/喜見城の内外には

夥しいほどの木彫が施され、格別の存在感を放っていた。

また、長く枝を伸ばした瑞龍の松や、湧き出でたご神水

回遊式の庭園・邃溪園/すいけいえんなど、

随所に見所のあるユニークな寺院で、

とりわけ龍の力強いエネルギーが象徴的だった。

 

映画のイメージが先行して

どことなく近寄りがたい柴又だったけれど、

気取りのないさばさばとした下町の風情が新鮮だった。

緩やかにカーブしながら続くおよそ200mの参道は

ほどよく賑わい楽し気で、名物の草団子もとても美味しい。

 

6月の下旬には、夏越の祓/なごしのはらえの

茅の輪/ちのわくぐりで上半期の穢れを祓うけれど、

よもぎ入りの草団子で、過ぎた半年の

邪気を祓いたいな、祓えるかな。

詩 びわ

子どものころ

住んでいた家の庭に

びわの樹があった

 

ごつごつとした幹は

のぼるにちょうどよく

 

ごわごわとした葉は

ままごとの器になった

 

春と夏のはざまに結ばれる

小さくも

たわわな果実は

 

鳥たちが

ほとんどついばんでしまうのだけれど

 

ときには

ひとつかふたつ

口にして

 

知ったのだ

 

とりつくろうことのない

こびることのない

 

淡い橙色の

野生の味を

詩 すもも

空をわたる

地面に映った

鳥の陰

 

歌を唄う

遠くから届いた

鳥の声

 

陰影を手がかりに

存在を識る

 

マグリットの絵でもなければ

芝生にひろがる陽だまりは

雲のかたちをなぞるのが自然さ

 

つまり思想とは

能力のことだよ

と君はいった

 

雲ひとつない

青空を見上げて

 

まるで美味しそうに

すっぱいすもも

ほおばりながら

METとパブリックドメイン

先日、朝日新聞にて

ニューヨークのメトロポリタン美術館

パブリックドメイン著作権が無効となった所蔵作品の

オープンアクセスに関するポリシーを変更したという記事を読んだ。

 

1870年設立のメトロポリタン美術館は、

過去5000年におよぶ世界各国の文化遺産

およそ150万点所蔵している巨大なミュージアムだ。

それらのうちパブリックドメインと認識される作品は

37万5000点超になるという。

 

昨今のデジタル時代に共振するように、

数年前2014年5月16日の声明では、

所蔵作品の高解像度デジタル画像をインターネット上に共有し、

パブリックドメインの作品については

学術的あるいは非営利利用に限り無料で使用可能と宣言された。

美術館のホームページでは、

著作権が有効なコレクションの画像とともに、

およそ20万点のパブリックドメインの作品がアップロードされ、

フリーダウンロードできるようになっていた。

 

続いて今年2017年2月7日にはポリシー変更の発表があり、

学術的および非営利利用という制限が解かれ、

誰でもどのような用途でも自由に無料で使用でき、

商業利用や加工もフリーという声明だった。

 

朝日新聞の訳では、

「所蔵作品を、学んだり楽しんだりしたいと思っている

すべての人たちに、作品へのアクセスを可能にすることが

私たちの使命だ」と語られているとのこと。

 

METに先駆けて、

オランダ・アムステルダム国立美術館などでも

同様の取り組みを実地しているそうだが、 

想定外の、望ましからざる使用や、

心ない加工がなされる可能性を容認したうえでの

大英断だろう。

 

なんてすばらしいのだろう。

世界は確実にポジティブな方向へ進んでいるという

喜びと感動を覚えたのだ。

 

ニューヨークへは未訪だが、

ホームページよりArt→Collection→Public Domainと訪ねてみる。

ふとHokusaiをサーチすると、現時点で512点が抽出され、

すみだ北斎美術館ロゴマークに転用されている

富嶽三十六景 山下白雨/さんかはくう」が3点所蔵されていた。

また同シリーズの名作「神奈川沖浪裏」は2点、

同じく通称赤富士「凱風快晴」は3点所蔵され、

はっきりと刷りの異なりが認められる

浮世絵版画の奥深い世界を垣間見るようで、興味深かった。 

 

新しい技術や環境により、

自ずと新しい在り方が立ち上がってくるのは自然なので、

今までがそうであったように、これからも、

人と美術・芸術との関係は大きく変化してゆくのだろう。

いずれにしても楽しみだ。

旧白洲邸 武相荘

ゴールデンウィークの中日に、

東京町田市にある

旧白洲邸・武相荘/ぶあいそうへ行った。

 

白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅は、

新宿より急行でおよそ30分、

小田急線・鶴川駅より徒歩15分ほどの小高い丘のうえに、

こんもりとした緑につつまれて、穏やかに佇んでいた。

 

太平洋戦争をまたぎ政治経済の分野において

大役を果たした白洲次郎/1902‐1985と、

日本の伝統芸能および工芸に通じ、

文筆家として活躍した白洲正子/1910‐1998は、

1942年に鶴川村の養蚕農家を農地つきで購入し、

戦争の激化を見越して翌年に移り住んだという。

次郎氏によって命名された「武相荘」とは、

武蔵と相模の国境であるという地理に、

無愛想をかけての愛称ということだ。

明治初期に建てられたと推定される母屋は、

立派な茅葺屋根の木造家屋で、

牛がすんでいた広い土間を板敷へ、

後にはタイル敷へと手直しし、

居間兼応接間として使用したという具合に、

適宜改築を施されながら、60年近くの年月を

白洲家とともに歩んだ、年季のはいった日本家屋だ。

主亡き後2001年より、当時の面影をそのままに

ミュージアムやレストランとして一般公開され、

春夏秋冬の季節展が行われているという。

 

今季「武相荘の春展」では、

よく知られる次郎氏の遺言書をみることができた。

和紙に墨で「一、葬式無用 一、、戒名不用」とは、

なんと簡潔で気持ちのよい遺言だろう。

また、北側に位置する

こじんまりとした正子氏の仕事場や本棚では、

立入りも撮影も禁止の蔵書をしげしげと一覧した。

青山二郎小林秀雄河上徹太郎の著作は勿論のこと、

南方熊楠宮本常一折口信夫今西錦司といった

民俗学生態学系の蔵書の多さが印象的だった一方で、

稲垣足穂坂口安吾の著作をみとめて意外性を感じ、

熊谷守一の書画集や著作をみつけては喜んだ。

かつての居間や、奥座敷/寝室には、

コレクトされ実用されていたであろう陶磁器や

染織物が展示されていたが、

いかにも魯山人でなくてもいいような

地味でさりげない魯山人作の陶器に、

この家の主をみたような気がした。

 

南東へ向いた縁側からは、邸内の竹林が眺められ、

折よく筍がニョキニョキと顔を出していた。

「あぁ、こんなにおおきくなってしまって、

もったいない、食べたいなぁ」と内心思う。

聞けば併設のレストランで

庭の筍を用いた料理を提供しているそうなので、

採りきれないほどなのだろう。

散策路となっている小径をくるっとひと回りして、

樹々のなか、土のうえを歩き、深呼吸をする。

 

木立のなかにひょっこりと家屋が佇み、

どこか山荘のような、

超俗的な世界が展開されている様には、

正子氏の代表作のひとつの「かくれ里」という言葉が

よく合うように思えた。

 

よく晴れた透明な陽光がきもちのよい日で、

適温の心地よい日和に寛ぐように、

黄や白や黒色の蝶が、ひらひらと飛び回っていた。

次郎氏や正子氏が、ひととき蝶の姿をかりて

遊びにきても、不思議でないような気のするほど、

お二方の気配に満ちた、異次元の武相荘だった。

 

まろやかに世俗の世界へと舞い戻った数日後、

日本橋三越百貨店で開催されていた

白洲次郎と正子の愛した武相荘のもてなし」展へ訪れた。

武相荘所蔵のご夫婦ゆかりの展示品と併せて、

和洋の骨董品が展示販売されるという企画展で、

江戸期・古伊万里白磁や染付、瀬戸の麦藁手などを

直接手にして鑑賞することができ、有意義だった。

なかには室町時代の越前および信楽の陶器も並び、

お値段を知ることもまた楽しかった。

 

今年の5月5日は、端午の節句立夏でもある。

陽気が満ちて、活動的になる季節だけれど、

白洲両氏の著作も読みたい、連休の後半だった。

すみだ北斎美術館

染井吉野が葉桜になりかけ、八重桜が満開に近い頃、

昨年11月にオープンした、すみだ北斎美術館へ行った。

 

江戸時代後期の絵師・葛飾北斎/1760-1849の

ほぼ生誕の地に新設されたという美術館は、

JR両国駅からほど近い緑町公園の一角にあった。

一説によると北斎

89年の生涯に93回も引っ越しをしたそうだが、

そのほとんどを墨田の地で過ごしたという。

 

画家ゆかりの地に建つ

建築家・妹島和代/せじまかずよによる現代的な美術館は、

様々な遊具が点在する公園と交わっていることが特徴的で、

地上4F・地下1F建ての中規模の建物は、

下町の景観にほどよくとけこんでいるという印象だった。

銀色のメタリックなのっぺりとした外観は、

おおよそ立方体のシルエットだが、なんとも不定形で、

所々に鋭角なスリットやカットが施され、

特にエントランスにあたる1F部分は、まちまちに4分割されている。

そのトンネルのような縦長三角形の割れ目から内部へ分け入ると、

透明なガラス壁の向こうに、それぞれ、

美術館の入口・図書室・講義室・バックヤードが配され、

それとなく四方/東西南北へ通り抜けられるよう設計されていた。

 

その日は常設展示室/4Fの一角のみのオープンで、

照明を落とした漆黒の展示室には、北斎の画業を一覧するべく、

所蔵作品の高精度レプリカや、

詳細なタッチパネル式の解説が並んでいた。

同行した友人は「個人コレクターレヴェルの作品で物足りない」と

早々に退室したようだが、身近なようで疎遠な画家について、

理解を深める時間は楽しかった。

また英文の解説を熱心に読んでいる外国の人々が印象的だったが、

彼らには、母国の我々には見えないものが

見えているのかもしれないと思った。

 

B1Fはコインロッカーとお手洗いに充てられ、

特にお手洗いは館内の規模にくらべて

ずいぶんとゆったりした造りであることに共感した。

企画展示室は

3Fおよび4Fの一角に配されているようなので、

またいずれ来館したい、新鮮な建築空間だった。

 

その日は風の強い日だったが、

向かいの公園では親子連れが所狭しと遊び、

週末らしい賑わいをみせていた。

はじめて訪れた場所だったので、

もともと人の集まる公園だったのか、

美術館の存在によって公園も活性化されたのかは分らなかったが、

桜の花吹雪が舞うなかで、子どもたちの歓声や泣声は、

まるで幸福の象徴のように感じられた。

 

人間の営みの本質は、

北斎の生きた江戸時代も、いつかの未来も、

そう変わりはないのだろう。

同時に、刻々と変化する現代の様式を楽しむこともまた

かけがえのないことなのだろう。