帯状疱疹とお正月

2018年のお正月は帯状疱疹とともにやってきた。

 

なにかと気忙しい年末は12月30日の夜に

唐突にはげしい腰痛がはじまった。

大掃除というほどではないが、

普段は手が回りにくい浴室のタイルとか、

冷蔵庫の裏とか、クローゼットの下とか、靴箱とか、

あちこち掃除したので、身体に堪えたのだと思った。

じんじんとした腰の痛みは2~3日つづき、

とくに就寝時に強く感じられて悩ましく、

元旦には骨盤ベルトを装着して、初詣に行列し参拝した。

そうこうするうちに痛みは左側に集約されて、

ぴりぴりしたものになり、気付いたときには

みみず腫れのような、ぼわんとした赤い発疹が

痛みのある左の腰回りに現れて、びっくりした。

新年3日の早朝に「家庭医学大全科」なる

6㎝ほどの分厚い病気の手引きを参照し、

帯状疱疹らしきことが判明したので、

その日の午後に江東区の休日急病診療所へ向かった。

診療所は想像した通り、病人でごったがえし、

具合の悪そうな咳があちこちでこだまして、

さながら野戦病院のごとく、ひるんでしまう。

一見するとインフルエンザと思しき高熱に

苦しめられている人が多いようだった。

帯状疱疹らしき症状が、どことなく場違いのように、

軽症であるように錯覚されて待つこと1時間と少し、

ふたつある診療室では、順番待ちの30名ほどの患者を

テンポよく快活に診察していて見事だった。

そうこうするうちに名前が呼ばれ診察を受けると、

担当の誠実そうな若い男性医師はいささか戸惑いながら、

「ぼくは皮膚科じゃないのですが、

たぶん帯状疱疹でいいと思います。

とりあえず抗ウィルス薬を出しておきますが、

休みが明けたら必ず専門医を受診してください」

と診断し、そばにいたベテランらしい看護婦さんは

「うん、そうね、帯状疱疹ね」と、さしあたって

対応を迫られた若い医師をサポートするように同意した。

一抹の不安は残るものの、仕方もないので、

かかりつけの皮膚科が開業する9日まで、薬を処方してもらった。

 
帯状疱疹/たいじょうほうしんは、

水痘・帯状疱疹ウィルスによる神経痛と発疹を伴う疾患で、

子どもの頃に感染した水疱瘡のウィルスが沈静化した後、

神経節に潜み、何かのきっかけで再活性化し発症するという。

ウィルスは神経を傷つけながら皮膚表面に出てくるので、

身体の片側に、痛みにつづいて帯状の発疹が現れるのが特徴で、

治療はなるべく早く、ということだ。

 

その後、かかりつけの皮膚科に受診し、

応急の診断と処方が的確であったことを聞き、安心した。

今となっては、骨盤ベルトまで持ち出して

腰痛と信じて疑わなかったことが滑稽で、

神社の神様たちも笑っていたかもしれないけれど、

2018年のお正月はいつになく印象的に明けたのだった。

 

抗ウィルス薬のおかげで次第に症状もおちつき、

気持ちに余裕がでてくると、

お正月に診療所で働いていたドクターやナースや

薬剤師や事務の方々の顔が思い出され、

頭が下がるような有難いような気持ちが湧いてくる。

 

そして改めて、日頃は顧みることのない

「家庭医学大全科」をのぞいてみると、

世には本当にたくさんの病気があるのだと戦慄する。

どこにも痛みがなくて、異常も異変もない、

ノーマルな状態が、奇蹟のように感じられてくる。

元気で好きなことができるのは、

ほんとうに幸せなことなのだ。

 

療養にはげみつつ読み進めた

トーマス・マンの長編「魔の山」の一説、

「病気は、いわば生命の放縦な一形式である。」

という表現が、ことさら印象深く響いてくる。

健康と病のコントラストもまた、

人生の興味深い一部なのだろう。

 

思いもよらぬ帯状疱疹の洗礼により、

心身が清浄されたであろうと信じつつ、

2018年も素敵な一年になりますように。

詩 ゆめ

夢をみている

夢をみた

 

夢のなかの

またその夢

 

そばにいる君と鳥と

夢のなかでも遊ぶ

 

わたしたちがいま

生きている時空は

 

本当には

なんだろう

 

わたしも

きみも

あのひとも

 

ほんとうに

みたい物語

 

つくりだす

魔法使い

 

夢をみている

夢をみた

 

夢のなかの

またまたその夢

 

河のほとり

おとぎの国

 

幸福の

鈴の音

 

そばにいる君と鳥と

永遠の夢に棲む

 

夢をみている

夢をみた

 

わたしたちが

生きている地球は

 

丸く青い

夢の惑星

第2回スペイン音楽国際コンクール・声楽部門

先日、港区の高輪区民センター区民ホールで一般公開された

第2回スペイン音楽国際コンクール本選会・声楽部門を観覧した。

 

CD音源審査による予選を経た7名の歌手

/ソプラノ4名、メッゾ2名、テノール1名による競演は、

ほどよい緊張感と情熱につつまれた、見応えのある90分だった。

 

プログラムは各自、課題曲として

作曲家オブラドルス「スペイン古典歌曲集」より1曲以上と、

自由曲としてオブラドルス以外のスペイン作曲家の作品を、

併せて10~12分以内という構成だった。

 

スペイン歌曲という知られざるジャンルのためか、

250席の会場は、審査員6名と、出演者の近親者と思しき数名と、

声楽専攻の学生らしき幾名とで、こじんまりとした雰囲気だった。

はじめて聴く楽曲ばかりだったけれど、

7名それぞれのパフォーマンスから、声という楽器の

ユニークでカラフルな多様性を楽しむことができた。

純朴な、力強い、麗しい、ふくよかな、恰幅のよい、

すっきりとした、艶のある、さまざまな声。

たとえば、何名かの歌手は

課題曲で同じ曲を歌ったのだけれど、

おどろくほど歌い口やニュアンスが様々なので、

ほとんど別の曲を聴いているかのように、興味深かった。

 

訓練を重ねた一定の水準以上の歌唱に対して

甲乙をつけるのは簡単ではないけれど、なかでも

とびぬけて素敵な歌声を聴かせてくれた人が、ひとりいた。

きっと会場の誰もが同じように感じただろうと思われるほど、

キラリとしていた。

 

見知らぬ人の演奏を聴くときは、

少なからずこちらも緊張するものだけれど、

彼女の歌唱がはじまってすぐに、そのような隔たりは

雲が風にさらわれるように消滅して、虹を渡って

どこか素敵な新天地へ運ばれるかのように、魅了された。

どのような筆圧も筆跡も感じられない、

安々と自然に奏でられたかのような歌唱に、おのずと拍手は熱くなる。

おそらく天性の歌手は、

どんな曲でも魅力的に歌うことができるのだろう。

 

スペイン音楽コンクールは、

同日にギター部門、ピアノ部門、ヴァイオリン部門も開催され、

夜には結果発表と表彰が行われたようだ。

 

結果を見届けることはできなかったが、

7名のすべての歌手の歌声と、それから、

中山美紀さんの人を幸せにする素敵な歌唱を

聴くことができてよかった。

大きな拍手をおくりたい。

トニオ・クレエゲル | トーマス・マン

20世紀ドイツ文学の大家トーマス・マン

初期短編小説「トニオ・クレエゲル」を読んだ。

 

1903年に出版された「TONIO KRÖGER」は

1901年発表の処女長編「ブッデンブローク家の人々」で

成功を収めた直後の27歳頃に書かれた作品で、

自伝的要素の色濃い、少年時代への追想と邂逅の物語だ。

 

現在は幾つかの日本語訳で作品を楽しむことができるが、

1927年/S2に出版されて以来、名訳として語り継がれている

実吉捷郎/さねよしはやおによる岩波文庫版を選んだ。

 

裕福な穀物商家に生まれた作家の自画像ともいえる 

トニオ・クレエゲルの主題による第1楽章では、

故郷である北ドイツの港町リューベックでの過ぎし日々が

象徴的なふたりの人物とともに描写される。

ひとりは14歳の頃に愛した学友ハンス・ハンゼンで、

並外れて美しく明朗な友人に対する憧憬や愛とともに、

およそ対極的で風変わりな自己への認識が深められる。

もうひとりは16歳のころに恋した

快活な金髪の娘インゲボルグ・ホルムで、

舞踏の講習会では彼女に見惚れるあまりに

とんだ失態をさらし道化のごとく笑いものになる。

時は流れ、青年は独自の流儀で大人になる。

芸術家としての自己に目覚め、故郷を離れ、

精神と言語の力に天職を見いだし、作家として成功する。

つづく第2楽章は春の南ドイツ・ミュンヘンを舞台に、

30歳すぎの作家と女友達の画家リザベタ・イワノヴナとの

芸術談義が、なかば独白のごとく饒舌に交わされる。

つづいて秋の第3楽章では、

北方デンマークへの旅の途中で13年振りに故郷に立ち寄る。

民衆図書館として再利用されている生家を訪れ、 思いがけず

警察に手配されている詐欺師と疑われる奇妙な体験をし、

複雑な余韻とともにバルチック海をデンマークへと渡る。

数日コペンハーゲンを観光し、さらに北へ30㎞ほど移動して

ヘルシンゲアのハムレット王子ゆかりの古城クロンボ―近郊の

海岸のホテルに落着く。

最終の第4楽章では、シーズンを過ぎたホテルでの

穏やかな数日ののちに数奇な出来事に遭遇する。

街からバカンスにやってきた賑やかな大勢の一行のうちに、

かつて愛と憧憬の的であったハンスとインゲボルグが

手をたずさえて同行しているを発見したのだ。

すっかり動揺した彼は、

夜にひらかれた舞踏会を覗きにゆくのだけれど、

今回の道化役は彼ではなく、ダンスで転倒した少女で、

彼は少女を抱き起すナイトの役を演じることになったのだ。

とはいえ思い出のふたりとは視線も言葉も交せぬまま、

彼は自室に舞戻り、友達のリザベタに手紙を綴り、

告白めいた青春の物語は、円を描くように完結する。

 

女流画家リザベタとの間で交わされるのは、

芸術家としてのある種の優越や矜持にはじまり、

一方では病的なまでの異質性や欠落の表明、

創作においての逆説や、詐欺師性についての自覚、

健全な市民と宿命的な芸術家という対比における

芸術を必要としない凡庸で幸福な市民に対する

ひそかな激しい憧憬、いわゆる俗人愛についてなどだが、

物語は美しい手紙とともに静かに幕を閉じる。

「この愛を咎めないで下さい、リザベタさん。

 それはよき、実りゆたかな愛です。

 その中には憧憬があり憂鬱な羨望があり、

 そしてごくわずかの軽侮と、それから溢れるばかりの

 貞潔な浄福とがあるのです。」

 

トーマス・マンは後年/1939年5月10日

プリンストン大学の学生たちのために、

『「魔の山」入門』と題された自作についての講演を行い、

影響を受けたといわれる音楽家について語っている。

ヴァーグナーの例にならってライトモティーフの利用を

 物語の中に移しました。-略ー

 音楽の象徴的な行き方という意味でヴァーグナーに従ったのです。

 これを私は最初に「トニオ・クレエゲル」で試みました。』

 

作家が述べたように、ライトモチーフとして

ある一節が効果的に幾度も挿入されたり、

物語がロンド形式のごとく繰り返される様は、

どこか変奏曲のようで印象深くもあるけれど、 

なによりもトーマス・マンという作家に魅了されたのは、

その鮮烈な描写の筆致だった。 

研ぎ澄まされた密度の高い端麗な文章は、

実吉捷郎氏の格調高い文体と相まって、

稀にみる幸福な読書体験を授けてくれた。

 

「最も多く愛する者は、常に敗者であり、常に悩まねばならぬ」

とはよく知られた一節だが、語られたその言葉の背後から、

語らざる作家の声が、かすかに聴こえるような気がした。

「最も多く愛する者は、常に敗者であり勝者でもあり、

常に悩まねばならぬゆえに幸福たりうるのだ」と。

詩 イヴニング・エメラルド

わたしのなかの

男性はあなた

 

あなたのなかの

女性はわたし

 

表現されることのなかった可能性を

演じ合う

 

土に息を吹きかけて

人間をつくった神々は

 

どうしてこれほどまでに

美しく豊かな世界を

 

完璧につくりだしたのだろう

 

闇や悪の力さえ

 

その光のうちに

吸収されてしまうほどに

 

世界は光り輝いている

 

あまたの奇跡に彩られた

地上の片隅で

 

恋人たちは

めぐり逢い

 

ひとつの光からつくられた

ふたすじの光のごとく

 

世界を経験している 

 

あなたを

過不足なく理解して

 

わたしは

過不足なく愛されたい

 

闇のなかでも健気に輝く

オリーヴ色の宝石をみるように

 

うっとりと

いつも感動をしている

 

あなたに

わたしは

 

力強く

たおされたい

たおしたい

声楽と合唱

2012年から声楽を学びはじめて5年経つ。

 

10年続ければそれなりに歌えるようになるというから

ちょうど半人前というところだろうか。

 

クラシックの声楽において目指すところは、

腹壁に支えられて、ムラがなく安定した、

基音と倍音のバランスのとれた歌声を

習得しつつ育てることだろう。

そのためには、パッサージョ/換声点をふくめた

自分の声のフォルムを理解することが不可欠だ。

 

人の発声器官は

とてもデリケートで、どこかミステリアスでもある。

歌声は、呼気が声帯を通過し、

各共鳴腔/喉頭咽頭・口腔・鼻腔などを

効果的に用いて奏でられるが、

声帯を内部にかかえる甲状軟骨/のどぼとけは

耳の後ろあたりから左右の茎突舌骨筋と茎突咽頭筋により

なかば吊り下げられているような不安定な様相だという。

それら喉頭をサポートする首肩周辺の筋肉と、

アッポッジョ/腹壁のサポートをはじめとした

有機的な全身運動による歌唱の基盤は、

ほとんどスポーツと等しい筋運動といえるだろう。

 

身体構造や発声器官のわずかな形状の差異により、

女声ではスブレッド・コロラトゥーラから

ドラマティック・コントラルトまで、

カウンターテナーソプラニスタは別として、

男声ではテノリーノからバッソ・プロフォンドまで、

声種はいくつかのカテゴリーに分類されている。

ひとりとして同じ歌声はないけれど、

おおよそ説得力のあるカテゴリーに

自分の声を照らし合わせてみる。

 

私の発声器官は

女声としては比較的大きく、おそらく声帯も長い。

そのため音域は広く、しっかりした声ともいえるが、

軽やかさや機敏に欠けるともいえる。

音域は今のところH2~H5だけれど、

自由につかえる音は限定されるので、

声種は、コントラルトとはいかないが、

おそらくメッゾ・ソプラノだろうと認識している。

声が重いほど育てるのに時間がかかるというが、

その成長・成熟具合もまた一様ではないようだ。

 

声楽を学びながら歌声を育てるなかで、

混声や同声の合唱に参加している。

色とりどりの各人各様の声に出会うことや、

楽しみながら勉強できることが、なによりうれしい。

 

大きな課題である声区融合についても、

他者の歌声から学ぶことは多い。

ふつう2つあるパッサージョ/換声点は、

私の場合、E4とE5あたりにある。

だいぶ滑らかに歌えるようになったとはいえ、

前後の音の関係や母音によっては、ものすごく歌いにくい。

胸声・中声・頭声などを適切に用いて行われる声区融合は、

声が重くなるほど難易度も増すようで、なんとももどかしい。

また女声の中声区の高いほうと低いほうの境界にあたる

C5・H4/人によってはA4・G4あたりの融合も

ずいぶん苦労したが、頸部の支えや

腹壁のサポートの増加とともに

いつのまにか自然とクリアできたのはうれしい。

 

一方、合唱に参加するうえで戸惑うことも少なくない。

ことメッゾ・ソプラノの場合、

アルトでもソプラノでも歌える曲が多いので、

合唱団の音色や方向性に左右されやすいことも一因だろう。

 

たとえば、ある合唱団では、

アルトパートでコントラルトに近い

胸声優位の重厚な音色を奨励されたかと思えば、

別の合唱団では、

ソプラノパートでレッジェーロのような

軽く細い華奢な音色を求められたりする。

 

楽曲の性格やその表現方法を尊重するにしても、 

自分の本当の声ではない声を取り繕って歌うことほど、

非建設的で悲しく辛いことはない。

合唱の分野においては、

全体の音色やハーモニーを優先するあまり、

個人の声が歪められていると感じることがままある。

 

といって各人の声を優先するばかりで、

合唱として破綻するのもナンセンスだ。

人間関係と同じように、歌声にも相性があるので、

自分らしく建設的に歌える場所を選ぶことは

歌い手の責任でもある。

 

その際に参考のひとつになるのは、

合唱団の基音と倍音のバランスだろう。 

基音は響き合う、倍音は溶け合う、

という性質をもっていると思うが、

多勢に無勢の市民合唱団にありがちな

高い倍音過多の溶け合うハーモニーは、

透明感があってきれいともいえるけれど、

基音をしっかりと鳴らして響き合うアンサンブルとは

似て非なるものなので、

声楽のレッスンと両立させる場合には、

合唱団や指揮者の方向性を見極めることが大切だ。

 

声楽は本当に楽しい。

のどが開いてポジションが安定し、

下半身や胴体がしっかりつながって歌えるときは、

声とともに存在が解き放たれるような煌きを感じる。

課題やチャレンジはたくさんあるけれど、

自分の声を育てて伸ばし、完成させることは、

ほんとうに尊く幸せなことだと思う。

 

どこか人生の歩みと似て、

人それぞれの道を全うする喜びに溢れているのだ。

詩 さくらんぼ

ある朝

目覚めて 

 

ふと

鏡をのぞくと

 

見なれた

わたしの顔に

 

見おぼえのない

ほくろがふたつ

 

ちょいと

くっついていた

 

あら

不思議

 

いつから

あったのだろう

 

いつのまに

できたのだろう

 

毎日みて

いるはずなのに

 

あるいは

 

よくみて

いないのだろうか

 

まるで

新しい自分に

出会ったようで

 

そわそわと

ものめずらし気に

まじまじと

 

できたての

ふたつのほくろに

 

名をつけた

さくらんぼと

 

それは

とんと

 

可愛らしく 

仲睦まじく

 

わたくしのほほに 

ふたつならんで

 

実ったのです