静かなる情熱 エミリ・ディキンスン

公開中の映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」を

神保町の岩波ホールで観た。

 

2016年に制作された

イギリスのテレンス・デイヴィス監督・脚本による

原題「A QUIET PASSION」は、

かつての知られざる詩人の生涯を、

静かに情熱的に、きめ細やかに描き出した伝記映画だ。

 

Emily Dickinson/1830-1886は、

アメリカ北東部のニューイングランド地方である

マサチューセッツ州アマストに生まれ、

生涯を同地で過ごした詩人だ。

17世紀にイギリスの清教徒ピューリタン

入植した歴史をもつ小さな農村アマストにおいて、

英国移民の血を受け継ぐ、町の名士の家柄であったという。

生前発表された作品は

主に新聞紙上にわずか10篇のみで、

ほとんど知られぬ存在だったようだが、

死後に残されたおよそ1800篇の詩は、

その親近者等の尽力により出版されて以来、

ドラマティックに評価・賞讃されつづけ、

現在ではアメリカを代表する詩人のひとりとされている。

その詩は、身近な事柄から、愛や死や人生や神までを、

ユニークでチャーミングに、あどけなくもときに鋭く、

自然と交歓しつつ歌う、稀有な鳥の歌のようだ。

 

けれども、生前は無名であったため、

また作品を公表することに消極的だった節もあり、

その生涯について多くを知るすべはないが、

現存する1000通を越えるレターや

17歳頃のポートレート2枚から、

その一端を垣間見れることは好運だ。

また、いくつかの成就しなかったロマンスの形跡や、

32歳頃から白いドレスを着用し、世間から隠遁し、 

ほとんど屋敷の外へ出なかったという逸話等にみられる

ミステリアスな側面も、

多くの人を惹きつけるトピックスだろう。

 

デイヴィス監督は、17歳頃の詩人が信仰を問われた際に、

教師の意に反する回答をしたことをきっかけに、

女学院を退学するというエピソードから物語をはじめる。

その後、両親・兄・妹等との

家族の強い絆のなかでの充足した裕福な暮らしぶりや、

ごく少数の友人たちとの交遊が、

アマストの生家/現ミュージアムを映像に織り込みつつ、

美しい自然と20篇ほどの詩とを背景に絵描かれ、

ゆるやかに詩人の人生の経過に寄り添う。

 

一方で、冒頭の信仰問答のシーンでは

純粋で意志の強い一面が、どこか英雄的に描かれているが、

場合によっては、その美質が裏目に出て、

父や兄との衝突、苛立ちや苦悩などによる感情の爆発となり、

たびたび自他を損なう、気難しい女性としても描写される。

 

詩人の人生に何らかの重大な出来事があったとされる、

最も多作であった1862年を中心として、64年までの3年間に、

およそ全1800篇の1/3以上の作品が編まれたというが、

映画では、俗説に基づいた失恋とも尊敬の喪失ともとれぬ

ぼんやりとした描写にとどめ、解釈は各自に委ねられていた。

 

当時ブライト病とよばれた腎臓炎で

55歳の生涯を閉じたエミリ・ディキンスン。 

まるで編み物をするように、パンを焼くように、

生活の営みとして、言葉を紡いだ詩人の独自性は、

任意に大文字を使用したり、ダッシュを多用したりと、

風変わりな筆記法にも象徴されているが、

Web上のEmily Dickinson Archiveにて、

原語の各版を、直筆とともに参照できることは、

ほんとうに興味深い。

 

ほとんど屋敷から外へ出る必要のなかったほどに

天国に生きていたであろうと、憧憬を感じつつ、

静かな情熱に導かれて、

私も私の天国に生きようと思う、晩夏の夕暮れだった。

 

はてさて、

映画のなかに、真実の彼女はいたのだろうか。

 

 

   To see the Summer

   Sky

   Is Poetry , though

   never in a Book

   it lie -

   True Poems flee -

                                              F1491A/Franklin Variorum 1998

                                              J1472/Johnson Poems 1955

 

   夏の空

   をみること

   は詩、といっても

   本のなかにはけっしてない

   それは嘘ー

   真実の詩はにげてゆくー 

詩 ひまわり

ひまわりをみていると

少女であった幼い頃を

思い出す

 

夏休み

降りそそぐまぶしい太陽と

あふれるような蝉の鳴き声

 

背丈よりずっと高く

顔よりも大きい

ひまわりの花は

 

すこし首をうなだれて

少女に話しかけているようだった

 

彼女は天を仰ぎ

空にかかるお月さまのような

その花をみつめて

耳を澄ました

 

じーじーじー

みんみんみん

かなかなかな

 

蝉の鳴き声が交差するなか

少女にしか聴こえない

言葉が語られた

 

あなたのことが大好きです

あなたはわたしの宝物です

 

どきどきと

胸の高鳴りを覚えながら

彼女は

 

ひまわりの種をひとつ

手にとり

ちいさな秘跡として

両手でそっと握りしめた

 

絵日記の

ページをめくるように

夏は過ぎ

 

その種も

いつしかどこかに

置き忘れ

 

少女は

大人になるけれど

 

ひまわりをみていると

やさしい夏の思い出が

 

鮮やかに

よみがえる

詩 すいか

ぎらきらとした太陽と

麦わら帽子の夏休み

 

ふと 

子どもに戻った私は

 

熱い砂浜をけり

藍の海へ駆けだした

 

しおっぱい

海水とたわむれて

 

魚だったころの

記憶をたどれば

 

まるで

地球の羊水に

くるまれているよう

  

なんて静かで

心地よいのだろう

 

遊びつかれて

浜へとあがれば

 

なにやら

重力とはじめて出合った

両生類のよう

 

のどが渇くのは

肺呼吸のせいかしら

 

お腹が空くのは

夢をみるせいかしら

 

ひょっこりと

恐竜のたまごのような

 

まあるいすいかを

叩いて割って

 

真赤に滴る

血液のような果実に

かぶりつく

 

ごくごく

もぐもぐ

がりっと

 

黒色の種を噛んだ

瞬間に目が覚めた

 

それはまるで

ぎらきらとゆらめく

真昼の蜃気楼

 

創世期の冒険は

夢に現に幻に

詩 くものうえ

たくさんの雨

垂直に降る雨

 

バッハの音楽のよう

なにかをどこかとつなぐ

 

たくさんの風

水平に吹く風

 

ベートーヴェンの音楽のよう

なにかをどこかへはこぶ

 

くものうえ

白くふわふわとした

くものうえ

 

あ、あの人がいい

 

何かに導かれるように

お腹へ入った

 

地球に生まれることを

 

くものうえで

私が選んだ

 

みたい

しりたい

さわりたい

 

天はいつもそうやって

私に合図をおくる

 

わくわく

 

私はいつもそうやって

命を世界にとかしていきたい

黒澤明 | 静かなる決闘 醜聞

映画監督・黒澤明/1910-1998の

比較的初期の作品「静かなる決闘」と「醜聞」を観た。

いずれも見応えのある、力強い作品だった。

 

静かなる決闘」/1949年は、

終戦間際の野戦病院での手術中に

誤って患者のスピロヘータ/梅毒に感染した、

若い医師の苦悩と救済の物語だ。

劇作家・菊田一夫の戯曲「堕胎医」を原作に、

黒澤明谷口千吉が共同で脚本を執筆した群像劇だ。

戦後間もない外科および婦人科の診療所を舞台に、

慕い合う婚約者との愛と病をめぐる医師の葛藤を軸として、

妊娠したものの交際相手に逃げられ自暴自棄になっている

元ダンサーの看護婦として母親としての成長物語、

図らずも戦地で医師にスピロヘータを感染させることとなった

やくざな元兵士との邂逅などが折り重なりつつ、

テンポよく興味深く物語が展開される。

バイタリティーに満ちたモノクロの粗い画像のなかで、

受難の医師を演じる若い三船敏郎が瑞々しく美しい。

たとえば、人を愛するということは、

その人の幸福を願うことなのだろう、そして

苦悩は時として人を聖へと導く天のギフトなのだろう。

 

「醜聞 スキャンダル」/1950年は、

画家と人気声楽家との偽スキャンダルが

確信犯である出版社との裁判にまで発展し、

一癖も二癖もある弁護士を交えて珍走する群像劇だ。

黒澤明菊島隆三による脚本が見事なうえに、

弁護士を怪演する志村喬が愉快で、

一徹な画家を演じる三船敏郎の端正な演技が清々しい。

弁護士の一人娘は結核に臥せっているが、

病という逆境により超人的に透き通った彼女の命と精神が

物語を方向づける原動力となり、感動的だ。

早坂文雄のさりげなくも効果的な音楽と相まって、

ひとつの星がきえて、ひとつの星がうまれる、

なんとも慈悲深くユニークな作品だった。

 

生涯におよそ30本の作品を世に送り出した

黒澤監督が40歳前後に手掛けた2作品だが、

人間を相対化し、

善人と悪人、気位の高い者と低い者、

成功者と落伍者などの何人にも、

奥行きを与えて絶妙に描き出す、

その大器に、ジーンと胸が熱くなる。

 

後のエンターテイメント性は影を潜めつつ、

ある種のうぶさやナイーヴさが魅力的な作品群に、

開きはじめた花が盛りへと向かうような

ときめきを感じたのだった。

山本亭と帝釈天

梅雨らしい雨曇りの日に

東京都葛飾区柴又の山本亭へ行った。

 

日本橋からおよそ14㎞東北に位置し

江戸川をはさんで千葉県と隣接する柴又は、

もっぱら山田洋二監督の映画

男はつらいよ」シリーズの舞台として有名だ。

 

京成線・柴又駅から徒歩10分ほどの

江戸川の袂/たもとに位置する山本亭は、

土地ゆかりの山本工場/カメラ部品の製造業の

創立者・山本栄之助のかつての邸宅で、

現在は葛飾区により一般公開されている書院造のお屋敷だ。

関東大震災後の大正末期に建てられ、

昭和初期に増改築されたという瓦葺の日本家屋は、

南側の庭園に面して翼を広げるように東西にのびる

細長い長方形をした端正な建物だ。

縁側のガラス戸越しに庭園をのぞむ6つの畳の間は

襖が開け放たれ、明るく広々として気持ちがよい。

家屋の倍ほどもある立派な日本庭園は、

滝の流れる音や樹々の葉擦れ、野鳥の声が重なり合って

賑やかな静けさに満ちていた。

折よく薄紫色の花菖蒲がきれいに咲いていたので、

館内の好みの場所でいただけるお抹茶とともに、

ひと時の豊かさに寛いだ。

 

12時の鐘を聴いたような、聴かぬような、 

帰り際に古時計が3つ並んでいるのを目にした。

真ん中のひとつは日本を、

左は北京を、右はウィーンの時刻を指していた。

地球が丸いこと、世界は広いことを思い起こさせ、

意識はぐぐーんと拡大する。

非公開だが別棟に茶室を設えるような、

実業とともに人文に通じていたであろう当主に好意を寄せた。

 

帝釈天/たいしゃくてんとして親しまれている

経栄山 題経寺/きょうえいざん だいきょうじは、

1629年/寛永6年に開山された日蓮宗のお寺だ。

帝釈天とはインドをルーツとする武勇神インドラの和名で、

宗祖である日蓮によって彫られたとされる

帝釈天の板本尊が伝承され、

縁日の庚申/こうしんの日に御開帳されるのだという。

総けやき造りの山門および帝釈堂/喜見城の内外には

夥しいほどの木彫が施され、格別の存在感を放っていた。

また、長く枝を伸ばした瑞龍の松や、湧き出でたご神水

回遊式の庭園・邃溪園/すいけいえんなど、

随所に見所のあるユニークな寺院で、

とりわけ龍の力強いエネルギーが象徴的だった。

 

映画のイメージが先行して

どことなく近寄りがたい柴又だったけれど、

気取りのないさばさばとした下町の風情が新鮮だった。

緩やかにカーブしながら続くおよそ200mの参道は

ほどよく賑わい楽し気で、名物の草団子もとても美味しい。

 

6月の下旬には、夏越の祓/なごしのはらえの

茅の輪/ちのわくぐりで上半期の穢れを祓うけれど、

よもぎ入りの草団子で、過ぎた半年の

邪気を祓いたいな、祓えるかな。

詩 びわ

子どものころ

住んでいた家の庭に

びわの樹があった

 

ごつごつとした幹は

のぼるにちょうどよく

 

ごわごわとした葉は

ままごとの器になった

 

春と夏のはざまに結ばれる

小さくも

たわわな果実は

 

鳥たちが

ほとんどついばんでしまうのだけれど

 

ときには

ひとつかふたつ

口にして

 

知ったのだ

 

とりつくろうことのない

こびることのない

 

淡い橙色の

野生の味を