バラの花

4月に挿し木したばかりの

バラの樹に、一輪の花が咲いた。

 

まだ背丈も30㎝にならないくらいの

子どもの樹だと思っていたので、

つぼみができて、ふくらんで、

日々すこしずつひらいていく様子に、

ほんとうにびっくりした。

 

昨年11月に切り花でいただいた時と同じく、

花は華やかな深紅色だ。

ベランダの鉢植えたちの緑色のグラデーションのなかで、

紅一点、よく映えている。

ところがその形は、先代は手毬のようにまあるい

ボリュームのある八重の花だったのだけれど、

当代は8枚の花びらが、いささか平らに

お星さまような形にひらいている。

肥料を与えていないせいもあると思うけれど、

野生にかえって、人の意向を気にしないで

すきに咲いているというふうで、清々しい。

 

もしバラが言葉を話せたら、なんていうだろう。

「切られて、運ばれて、植えられて、

 どうなることかと思ったけど、

 今のこの場所なかなか気に入ってるんだ。

 生きてるって、すごく楽しいね!」かな。

 

今日はちょうど秋分の節日だ。

バラの種名がわからないので、 たとえば

「Autumnal Equinox Rose/秋分のバラ」

と名付けてみよう。

気に入ってくれるかな。

 


sagacho-nikki.hatenablog.com