バラの樹

子どものころ住んでいた祖父母の家の庭に

淡いピンク色のバラの樹があった。

 

幼児ほどの背丈の若い樹だったように思う。

家を建替えて間もない頃だったので

気ままに造園していたのかもしれない、

あるとき祖母が挿し木という園芸方法を教えてくれた。

ある種の植物を、適当なところで切って、土に挿すと、

うまくゆけば生育するという。

そんなアメーバみたいなことがあるのかと

子どもながらに不思議に感じたものだ。

そしてものは試しとでもいうように、

淡いピンク色のバラの樹を、挿し木してみることになった。

祖母が一枝、つづいて少女も一枝、カットして

庭の土に並べて挿した。

子どもが持つには大きな、実用的な空色のジョーロで、

シャワーのような水をたっぷり注いだ。

 

その日は、良く晴れた日だったけれど、何月だったのだろう。

少女は小学校の低~中学年くらいだったように思う、

おおよそ30年ほど前の思い出だ。

 

時が過ぎて、現在は叔父が住み継いでいるその家の庭で、

淡いピンク色のバラの樹は、今も元気に生きている。

親樹はもちろんのこと、

祖母と孫娘の挿した枝はほとんど一体になりながら、

こんもりと大人の背丈ほどに大きくなって、

八重の花をたくさん咲かせて、華やかだ。

その盛りには花の重みにたえかねて、

稲穂のように弧をかいていたから、

よほど土地と合っていたのだろう。

 

一方、江東区佐賀町の集合住宅に住むかつての孫娘は、

そのような思い出も手伝って、この春、

ベランダの空いた鉢に、バラの花を挿し木した。

 

昨年11月に、合唱の演奏会に参加した際に手にした

一輪の深紅の切り花を、一か月ほど楽しんだあと、

枯れてもなんとなく枯れたまま愛でていた。

水切りを繰返し15㎝ほどになった切り花は、

花から10㎝ほどはもろとも干からびて、

ドライフラワーと化していたのだが、バラにも節があるのか、

葉が左右に伸びていたところから若葉がでてきて、

残りの茎5㎝ほどは生命活動を続けている様子だった。

若葉が出ては萎れることを繰返していたが、そのうちに

最下部の茎の切断面に、始めはかさぶたのような、

次第に大きく膨らんで腫瘍のような、奇妙な隆起がみられて、

根を張っているのかもしれないと、その生命力にどきどきした。

いつのまにか冬を越し、春が来て、

いささかグロテスクなその球根らしきものは2.5㎝ほどになり、

そろそろと4月12日に、鉢に挿してみた。

 

その後しばらくは、

新しい環境が気に入ったのか、気に入らないのか、

いささか計りかねるとでもいったような、

まるで変化の認められない沈黙の日々が続いた。

およそ1か月を過ぎた5月も下旬に入ろうという近日になり、

ようやく再び若葉が芽吹き出し、葉の緑も色濃くなったので、

しばらくはこの場所で生きてみようと決めてくれたのだと、喜んだ。

 

淡いピンク色のバラの樹のように、

すくすく育ってくれたらうれしい。

 

いのちは、そのいのちをみつめる者によって、

大きくも小さくもなるから、面白い。