ミルチャ・カントル展 | 銀座メゾンエルメス

先日、銀座メゾンエルメスのギャラリーで

ミルチャ・カントル展を観た。

 

「あなたの存在に対する形容詞」と題された個展は、

1977年ルーマニア生まれのアーティストMircea Cantorが、

人間の存在性というテーマに取組み、

たとえば空気のように顧みられにくいその性質を知覚化し、

人々の意識や認識の拡張を試みる作家であることがうかがえる、

印象的な展覧会だった。

 

会場には、スタイルの異なる3つの作品が展示されていたが、

そのなかのひとつに、とりわけ明快で美しい作品があった。

インスタレーション「Are You the Wind?/風はあなた?」は、

ふつう風に揺られて鳴るWind Chime/風鈴をドアと連結させて、

観覧者が仮設の扉をスライドさせて展示空間に入ると

一面に吊られた無数のチャイムが鳴り響くという、

ごくシンプルな体験型の作品だ。

建築家レンゾ・ピアノのガラスキューブの透明な展示空間に、

無機質なステンレスのウィンドチャイムが幾重にも共鳴して、

星のように遠くあるいは近くで音が瞬き、なんとも壮麗だ。

それらがしだいに波のようにひいてゆく様は自然そのもので、

揺れ動く存在の音に耳を澄ますような繊細な体験だった。

その日は観覧者がまばらだったこともあり、

ほどよい静寂につつまれたころ、

再び他者の任意の入場とともに高らかに鐘の音が鳴り渡り、

気配が一瞬のうちに変転する様は、実に鮮やかで雄弁だ。

自分が扉をあけて入ったときの不確かな驚きと、

他者が扉をあけて入ってきたときの鐘の音の楽しさに、

ときめくような時間だった。

 

人の存在を鐘の音で暗示しつつ自然とその本質に導くような、

大きな作品に出逢えて、うれしい。

そこに独りよがりや勘ちがいはなく、

古典的ともいえる人間への信頼と愛が

現代的に表現されていたと思う。 

 

世界を変化させるのではなく、

わたしたちの意識が変化することで、

経験する世界が変わるということを示唆する、

巧まざるして巧みなクリエイション。

 

ゴールデンウィークで賑やかな銀座の街を、

心のなかに鳴り響く鐘の音を聴きながら、

静かに楽しく歩いたのだった。

 

生きているということ、

存在しているということは、

おそらくあらゆる形容にもまして、すばらしいことなのだ。