声楽と合唱

2012年から声楽を学びはじめて5年経つ。

 

10年続けてなんとか歌えるかどうかというから

順調に半人前になっていればよいのだが。

 

クラシックの声楽において目指すところは、

腹壁に支えられて、ムラがなく安定した、

基音と倍音のバランスのとれた健康な歌声を

習得しつつ育てることだろう。

そのためには、パッサージョ/換声点をふくめた

自分の声のフォルムを理解することが不可欠だ。

 

人の発声器官は

とてもデリケートで、どこかミステリアスでもある。

歌声は、呼気が声帯を通過し、

各共鳴腔/喉頭咽頭・口腔・鼻腔などを

効果的に用いて奏でられるが、

声帯を内部にかかえる甲状軟骨/のどぼとけは

耳の後ろあたりから左右の茎突舌骨筋と茎突咽頭筋により

なかば吊り下げられているような不安定な様相だという。

それら喉頭をサポートする首肩周辺の筋肉と、

アッポッジョ/腹壁のサポートをはじめとした

有機的な全身運動による歌唱の基盤は、

ほとんどスポーツと等しい筋運動といえるだろう。

 

身体構造や発声器官のわずかな形状の差異により、

女声ではスブレッド・コロラトゥーラから

ドラマティック・コントラルトまで、

カウンターテナーソプラニスタは別として、

男声ではテノリーノからバッソ・プロフォンドまで、

声種はいくつかのカテゴリーに分類されている。

ひとりとして同じ歌声はないけれど、

おおよそ説得力のあるカテゴリーに

自分の声を照らし合わせてみる。

 

私の発声器官は

女声としては比較的大きく、おそらく声帯も長い。

そのため音域は広く、しっかりした声ともいえるが、

軽やかさや機敏に欠けるともいえる。

音域は今のところH2~H5だけれど、

歌唱にたえられる音は限定されるので、

声種は、コントラルトとはいかないが、

おそらくメッゾ・ソプラノだろうと認識している。

声が重いほど育てるのに時間がかかるというが、

その成長・成熟具合もまた一様ではないようだ。

 

声楽を学びながら歌声を育てるなかで、

混声や同声の合唱に参加している。

色とりどりの各人各様の声に出会うことや、

楽しみながら勉強できることが、なによりうれしい。

 

大きな課題である声区融合についても、

他者の歌声から学ぶことは多い。

ふつう2つあるパッサージョ/換声点は、

私の場合、E4とE5あたりにある。

だいぶ滑らかに歌えるようになったとはいえ、

前後の音の関係や母音によっては、ものすごく歌いにくい。

胸声・中声・頭声などを適切に用いて行われる声区融合は、

声が重くなるほど難易度も増すようで、なんとももどかしい。

また女声の中声区の高いほうと低いほうの境界にあたる

C5・H4/人によってはA4・G4あたりの融合も

ずいぶん苦労しているが、

頸部の支えや腹壁のサポートの増加とともに

進化している実感があるので、励みになる。

 

一方、合唱に参加するうえで戸惑うことも少なくない。

ことメッゾ・ソプラノの場合、

アルトでもソプラノでも歌える曲が多いので、

合唱団の音色や方向性に左右されやすいことも一因だろう。

 

たとえば、ある合唱団では、

アルトパートでコントラルトに近い

胸声優位の重厚な音色を奨励されたかと思えば、

別の合唱団では、

ソプラノパートでレッジェーロともいえぬような

軽く細い華奢な音色を求められたりする。

 

楽曲の性格やその表現方法を尊重するにしても、 

自分の本当の声ではない声を取り繕って歌うことほど、

非建設的で悲しく辛いことはない。

合唱の分野においては、

全体の音色やハーモニーを優先するあまり、

個人の声が歪められていると感じることがままある。

 

といって各人の声を優先するばかりで、

合唱として破綻するのもナンセンスだ。

人間関係と同じように、歌声にも相性があるので、

自分らしく建設的に歌える場所を選ぶことは

歌い手の責任でもある。

 

その際に参考のひとつになるのは、

合唱団の基音と倍音のバランスだろう。 

基音は響き合う、倍音は溶け合う、

という性質をもっていると思うが、

多勢に無勢の市民合唱団にありがちな

高い倍音過多の溶け合うハーモニーは、

透明感があってきれいともいえるけれど、

基音をしっかりと鳴らして響き合うアンサンブルとは

似て非なるものなので、

声楽のレッスンと両立させる場合には、

合唱団や指揮者の方向性を見極めることが大切だ。

 

声楽は本当に楽しい。

のどがリラックスしてポジションが安定し、

下半身や胴体がしっかりつながって歌えるときは、

声とともに存在が解き放たれるような煌きを感じる。

課題やチャレンジはたくさんあるけれど、

自分の声を育てて伸ばし、完成させることは、

ほんとうに尊く幸せなことだと思う。

 

どこか人生の歩みと似て、

人それぞれの道を全うする喜びに溢れているのだ。