かぼす 2017

今年も、かぼすの季節がやってきた。

 

10月初旬に大分から届いたかぼすは、

気まぐれな9月の天候のせいからだろうか、

例年と比べるといささか不揃いで、

あちこちに傷がついていたが、

ふたつに割ってみると、

いつもと変わらぬジューシーで爽やかな酸味が

部屋いっぱいにひろがり、うれしくなる。

 

さっそく輪切りにしてはちみつ漬けをつくる。

きのこと秋刀魚のパスタに回しかけて食べる。

あぁおいしい、初秋の味覚だ。

 

今年はかぼすの種で、

ローションをつくることにする。

かぼすやゆずやレモンなどの柑橘類の種には

ゲル化作用のあるペクチンが含まれているので、

水やアルコールに浸すと

とろりとした天然の保湿液になるのだ。

 

作り方はとても簡単で、

5粒ほどの種を小瓶やココット皿にいれ、

種がしっかり浸るくらいの水を注ぎ、

冷蔵庫で一晩おけば、2~3日分のローションの出来上がりだ。

洗顔後の肌にカバーすると、

しっとりさっぱりとして、ほんとうに心地よい。

なんて素朴で上質なローションだろう。

 

たとえば日本酒や焼酎でつくると

保存性が高まるので、まとめて作り置きできるという。

また、種は乾燥させたり冷凍したり、

食べるたびにちょこちょこ集めてストックできる

手軽さも気に入っている。

 

乾燥しはじめた秋の空気に、

自然からの何よりのおくりものだ。

 

 

秋の深まりとともに世間は、

10月22日の国政選挙に向けて、にわかに色めきたっている。

あちこちで選挙カーや街頭演説が、

盛んにいろいろなことをアピールしている。

その頑張りには頭が下がるけれども、

この期に本当にアピールする必要があるのは国民のほうで、

どうしてか民意が反映されているようには思えぬ政治に、

がっかりしてもいられない。

 

「誰に、どの政党に投票しますか?」と

受話器のむこうで自動音声システムが再生される。

RDD方式/無作為な電話番号作成方式というけれど、

選挙のたびに必ずかかってくる。

 

「政治はみんなが一緒に生きる道ですから、

いちばん大事な問題でー」

とは、文士・小林秀雄の後年の見解だけれど、

数学者・岡潔との対談集「人間の建設」/新潮社を再読しつつ、

誰に、どの政党に投票するかを、考えたい。

 

秋の夜長、

かぼすの皮を浮べた湯船につかりながら、

ゆっくりと。

 

 

sagacho-nikki.hatenablog.com