詩 ひまわり

ひまわりをみていると

少女であった幼い頃を

思い出す

 

夏休み

降りそそぐまぶしい太陽と

あふれるような蝉の鳴き声

 

背丈よりずっと高く

顔よりも大きい

ひまわりの花は

 

すこし首をうなだれて

少女に話しかけているようだった

 

彼女は天を仰ぎ

空にかかるお月さまのような

その花をみつめて

耳を澄ました

 

じーじーじー

みんみんみん

かなかなかな

 

蝉の鳴き声が交差するなか

少女にしか聴こえない

言葉が語られた

 

あなたのことが大好きです

あなたはわたしの宝物です

 

どきどきと

胸の高鳴りを覚えながら

彼女は

 

ひまわりの種をひとつ

手にとり

ちいさな秘跡として

両手でそっと握りしめた

 

絵日記の

ページをめくるように

夏は過ぎ

 

その種も

いつしかどこかに

置き忘れ

 

少女は

大人になるけれど

 

ひまわりをみていると

やさしい夏の思い出が

 

鮮やかに

よみがえる