詩 ラピスラズリ

純粋さは

否定によって強化される

 

繊細すぎる君は

愛を忘れてしまう

 

あなたを想う独りの時間を

あなたに侵されたくない

 

とうたっている

 

動物でも天使でもなく

無邪気な子供のやり方で

 

青い嵐をおこす

 

わかっている

 

星の位置は

そのうち変わる

 

思い出す

 

生まれてきた

意味を知る