読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深川のお不動さん

1月の終わりころ、ぎっくり腰を経験した。

朝起きしなに、物を取ろうと

ほんのすこし前屈した瞬間に、激痛がはしった。

 

背中から腰にかけての鋭い痛みに、

しばらくの間、どうにもこうにも動けなかったが、

症状が落ちついてから、近所の整体院へ初診に伺うと、

「あぁ、それはぎっくり腰ですね、

冬の朝に起こりやすいのですよ」ということだった。

 

これがかのぎっくり腰かと了解するとともに、

ぎっくり腰とは

腰部の筋肉の断裂・損傷・炎症などによる

急性の腰痛をさす俗称で、

原因や症状の詳細は様々だということを初めて知った。

幸い軽症であったようで、数日安静にすれば

一週間ほどで自然治癒するということで、ひと安心した。

 

ところが、すこし良くなってくると

動きたくてうずうずしているものだから、

就寝前の習慣であり楽しみのストレッチをしすぎて、

再び左股関節周りの筋肉を痛めるということを繰り返し、

予後がすっきりしないまま、2月も中旬になった。

 

小康の状態には歩くと良いという一説から、

機会をみつけて歩くようにしているのだが、

先日は江東区門前仲町

深川不動堂の縁日と、富岡八幡宮の青空市へ行った。

 

門前仲町は、お不動様と八幡様とを中心とした寺町で、

東西に走る永代通りに沿った商店街/約400mと、

永代通りから北へ分岐したお不動様の参道/約150mとに、

さまざまな露店が軒を連ねていた。

青果・乾物・惣菜・花木・生地・金物・雑貨など、

バラエティーに富み、みているだけで楽しく、

足どりも軽やかになる。

 

賑やかな街を楽しみながら 

お不動様から八幡様へ向かう道すがら、

ふとユーモラスな会話が聴こえてきた。

50あるいは60歳代くらいだろうか、単身の女性が

深川不動さん、どこですか?」と道を訪ねると、

犬の散歩をしながら通りかかった土地のお兄さんらしき人は

深川不動産?いやぁ、ちょっと・・?」と答えていた。

女性はメトロの駅から出たばかりで方角がつかめないのか、

再度「深川不動さん」と念をおしているが、

男性もやはり「深川不動産?」と繰り返し、

きょろきょろと商店街を見回して思案している様子。

女性が他所からの訪ね人のようにはみえなかったのか、

お不動様への参道が目と鼻の先でありすぎたためか、

あるいは引っ越しを懸案中であったためかは知れないが、

なんとも珍妙な会話に笑いを誘われた。

 

穏やかによく晴れた暖かい一日で、

陽射しには春の気配が満ちていた。

人々もどこか寛いでいるようにみえる。

ひととおり街を散策し、

徒歩20分ほどの帰路を辿りながら、

深川不動さん、どこですか?」

深川不動産?いやぁ、ちょっと・・?」

というやりとりを思い出すと、

おかしみに包まれて、心なしか、

腰の鈍痛も和らぐような気がしたのだった。