メフィストフェレス

文豪ゲーテの戯曲「ファウスト」に登場する

悪魔メフィストフェレスの存在は興味深い。

 

ファウスト」は、

ゲーテが20代で初稿を執筆して以来、

第一部は1808年/著者59歳、

第二部は死後翌年の1833年に出版されたという、

生涯を通じてしたためられた大作だ。

 

ごく一部の散文を除いて

全12111行の詩で構成されている物語のなかで、

ことあるごとに思い返す、第一部・書斎の場面での

メフィストフェレスの自己紹介/詩1335‐1336について、

さまざまな邦訳を、現行版を参照しつつ、

できるかぎり初出本をあたってみた。

 

ファウスト博士から「あなたはなにものか」と問われ

メフィストフェレスは答える。

 

 

我は夫₍か₎の恒に悪を計りて、而も恒に善を生ずる力の一部なり。

  訳:高橋五郎 前川文栄閣/1904年 

 

常に悪を欲し、却て常に善を為す、彼力の一部です。

  訳:森林太郎(鴎外)冨山房/1913年

 

常に悪を欲して、しかも常に善を成す、あの力の一部分です。

  訳:相良守峯 育生社・ゲーテ全集1/1947年

 

つねに悪を欲してつねに善をなす力の一部分です。

  訳:大山定一 人文書院ゲーテ全集2/1960年 

 

常に悪を欲し、かえって常に善をなすあの力の一部です。

  訳:高橋健二 河出書房/1951年

 

常に悪を欲し、常に善をなす、あの力の一部分です。

  訳:高橋義孝 新潮社・世界文学全集1/1962年 

 

つねに悪を欲して、しかもつねに善をおこなうあの力の一部です。

  訳:手塚富雄 中央公論社・世界の文学5/1964年

 

いつも悪をのぞんで、しかも、いつも善をつくる、あの力の一部です。

  訳:井上正蔵 集英社・世界文学全集7/1976年

 

私は常に悪を欲し常に善をなすあの力の一部分です。

  訳:柴田翔 講談社・世界文学全集19/1977年

 

たえず悪を欲して、しかもたえず善を行なう、あの力の一部です。

  訳:山下肇 潮出版社ゲーテ全集3/1992年

 

例の、問題の力の片割れです、いつも悪を望んでいて、たえず善をなす力です。

  訳:小西悟 大月書店/1998年

 

私はあの力の一部分 常に悪を欲し常に善をなす あの力の一部分です。

  訳:柴田翔 講談社/1999年

 

悪を欲しながら、いつも善をなしてしまう、あのおなじみさんの一人です。

  訳:池内紀 集英社/1999年

 

悪いことをしたいと思っているのに、結果的に善いことばかりしてしまう。

わたしは、そんな「力」の、ほんの一部分なんだよね。

  訳:荒俣宏 新書館/2011年 

 

あの力の一部なのです。

いつも悪いことをしようとして、結局良いことをしてしまう。 

  訳:和田孝三 創英社/2012年

 

 

記念すべき初邦訳から現行の主要な邦訳を

およそ年代順に並べてみたが、 

大勢に影響はないものの、微妙にニュアンスが異なり、

それぞれの解釈や哲学を垣間見るようで興味深い。

 

ときおり

善悪を逆さまに思い浮かべることがある。

 

つねに善を欲し、かえって常に悪をなす、あの力の一部です。

 

善と悪は一対で協働し、

より大きな秩序に還元されるということだろうか。

勧善懲悪はナンセンスとでもいいたげな、

ゲーテの一筋縄ではいかない精神に魅せられる。