読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春やさい

先日、春野菜の天ぷらを食べた。

 

旬をむかえた、

うど、菜の花、たらの芽、ふきのとう、新玉ねぎには、

独特の香りと苦みがあり、

今の時期ならではの、春の味わいだ。

季節のおくりものは

なんてすばらしいのだろう。

 

 

土のなかで越冬した春野菜には、

アクやクセを醸す個性的なインパクトとともに、

健気でしたたかな生命力を感じる。

また栄養学的にも、

時節に適った特徴をもっているようだ。

 

人はクマやリスのように冬眠することはないが、

動物たちと同じように代謝率がさがる冬季には、

脂質や老廃物を蓄積しやすいそうだ。

 

ヨーロッパでは春季療法という、

植物を用いた体質改善法があるそうだが、

春の訪れとともに活発になり、

代謝が高まってゆく身体に、

春野菜のもつ解毒・浄化作用は相乗的で、

理にかなっているということだ。

 

 

わたしたちは、四季をとおして、

身体が必要としているものを欲求し、

より美味しく感じられる感受性をもっている。

 

自然は、わたしたちの内外に存在し、

完璧にデザインされていると

知っているのだ。