読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電力自由化

2016年4月から、電力の自由化がはじまる。

 

自由という言葉のもつ響きは、

なんて清々しいのだろう。

 

今までは選択する余地がなかったので、

お任せで、見方によっては楽でもあったが、

4月からはどうしようかと、

迷える幸せにあずかっている。

 

わたしたちひとりひとりの取捨選択の総合が、

この国の行方を指し示すことにつながるのだと、

ひしひしと感じられるから、責任重大だ。

 

フランスの思想家ジョルジュ・バタイユは、

その著書「宗教の理論」で、

”人類の総体が正しいのは明らかである” と述べている。

 

究極的にはその通りだろうが、

できれば戦争や原発事故は避けたいと思うので、

身近な些細なことだとしても、

できることから最善を尽くしたい。

 

 

 夢のなかでみた地球は

 水と空気が澄んでいて

 太陽の光はいつでも穏やかに降り注ぎ

 植物や動物たちの喜びがこだまして

 人間たちはすべてと調和する知性を獲得していた

 

 

千差万別さまざまな命が、

愛や喜びに由来するエネルギーを発電する、

よりクリーンでエネルギッシュな日本を想像すると、

わくわくする。