映画 イヴ・サンローラン

ピエール・トレトン監督によるドキュメンタリー、

イヴ・サンローランYves Saint Laurent - Pierre Berge , L'amour Fou」を観た。

 

2008年にサンローラン氏が逝去してから、

その実像にせまる映画が3本制作されている。

2010年の本作と、

2014年の「イヴ・サンローランYves Saint Laurent」、

および「サンローラン/SAINT LAURENT」だ。

いずれもフランスで制作されており、

本国でのその存在感の大きさがうかがえる。

 

 

本作のプロローグには、

2002年の氏による引退会見が引用されている。

18歳でクリスチャン・ディオールのアシスタントになり、

1957年/21歳で師の急逝に接し、その跡を継ぎ、

翌年の初コレクションより成功に恵まれたものの、

その後アルジェリア戦争での兵役による衰弱と、

ディオール経営陣との不和による解雇を経て、

1962年にパートナーとともに自身のメゾンを立ち上げる。

女性のワードローブの発明、プレタポルテの創始、

黒人モデルの起用など、時代を変革する華々しい成功とともに、

神経症や、酒・薬への依存を、長い道のりをかけて克服した、

20世紀を代表するクチュリエだ。 

 

ドキュメンタリーである本作は、

公私にわたるパートナーのピエール・ベルジェ氏への

インタビューを中心に構成されたものだ。

よい時もそうでない時も、50年間ともに暮らし、

仕事をし、最期を看取ったという、

サンローラン氏同様に魅力的なベルジェ氏より、

分かちがたい絆で結ばれたふたりの人生が、

愛を交えて語られる。

 

並行して、ふたりが20年をかけて収集した美術品を、

オークションに出品する過程が、伴奏される。

新たな生をうけて羽ばたいてほしいという願いのもと、

ゴヤピカソマチスモンドリアン

ブランクーシ、ビュッフェ、ジェリコ・・から、

セヌフォ族の彫刻、オリエンタルなオブジェ・・まで、

錚々たる美術品に囲まれた生活空間が解体されてゆく。

 

 

モードの帝王・サンローラン氏の引退会見は、

たいへんに誠実で文学的という印象だった。

人生で最も大切な出会いは、

自分自身と出会うことなのだ、と語っているが、

その険しくも稀有な道のりを想うとき、胸が熱くなる。 

 

 

ベルトラン・ボネロ監督の「サンローラン」は、

成功の渦中に多忙を極め、狂気へ傾倒していく様が、

ドラマ仕立てに、テンポよく綴られた作品だ。

晩年のサンローラン氏を演じた、

ヴィスコンティ作品でおなじみのヘルムート・バーガーが、

かつて主演した「地獄に堕ちた勇者ども」をベッドのなかから鑑賞し、

涙を流すシーンが挿入されるが、その遊び心にも拍手をおくりたい。

 

ジャリル・レスペール監督の「イヴ・サンローラン」と、 

氏の生前1994年に制作された、肉声を交えたドキュメンタリー、

ジェローム・ドゥ・ミッソルズ監督の「イヴ・サンローラン その波乱の人生」も

いずれ観てみたいと、興味はつづく。