読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

展示 石黒宗麿のすべて

「石黒宗麿のすべて」を松涛美術館で観た。

 

石黒宗麿/いしぐろむねまろは

1893年に富山県に生まれ、

25歳で耀変天目茶碗に魅せられて陶芸を志し、

1955年に鉄釉陶器で人間国宝に認定された陶芸家だ。

 

特定の師にはつかず、

35歳で古陶磁研究者の小山富士夫と出逢い、

研究をともにしながら技法を体得し、

独自の道をきりひらき大成した作家だ。

1968年に鬼籍にはいるまで、

京都府八瀬を作陶の地とした。

 

本格的な展覧会は約20年ぶりということで、

おおよそ制作年代順に、また技法ごとに、

たしなんだ書や画も併せつつ、

作家の全貌をうかがえる構成になっていた。

 

公立の美術館ということもあるだろうか、

展示室は地下と2階にひとつづつで、

じっくり観るにはちょうどよいボリュームだった。

 

生涯に取り組んだ多彩な技法に触れながら、

全体を通して、おおらかで、のびのびと自由で、

そこはかとなく品が漂う作品に、

淡々とわが道をあるいた作家、という印象を抱いた。

 

個人的にたいへん魅力を感じた器がふたつあった。

ひとつは黒釉の中鉢、ひとつは楽焼の赤茶碗だ。

釉薬のうつくしさ、造形/佇まいのゆかしさに、

なんともすいよせられるようだった。

 

京都を拠点とする以前、20代後半のひと時には、

縁者のいた渋谷区松涛に住み、窯を築いたという、

ゆかりの地でもあるようだ。

 

作家の年表で印象的だったのは、

父親不明という出自で、複雑な環境に育ったようだ。

石黒宗麿の作品やその人生を語るとき、

このような生い立ちは無視できないもののような気がした。

 

 

ぼんやりと展覧会を反芻しつつ、

白井晟一研究所設計による美術館を出てふりかえると、

来たときには気にも留めなかったが、

壁面を覆う花崗岩が、たいへんに美しかった。

 

 

傘をたたく、雨の音を聴きながら、

とりとめのない余韻とともに、帰路についた。